© 2019 by relaxation ka.na.ta. Proudly created with Wix.com

  • square-default
  • Twitter Social Icon

​彼方への行き方、ご紹介します!

リラクゼーション カ.ナ.タ.の施術の特長は、圧強めのオイルマッサージ、手数の多さ、オイルマッサージと性感マッサージ(ソフトタッチ)を交互に繰り返すこと、です。施術部位は首から下の全身で、足裏、足先、腕、手なども含まれます。お疲れの箇所は重点的にケアいたします。以下の説明は120コースの内容ですが、お疲れの箇所の有無やお客さまのお好みで異なる場合もあります。ピンクの文字が性感マッサージ(ソフトタッチ)です。

  • 最初に簡単な問診を行います。お疲れの箇所、触ってほしくない箇所、お怪我の跡などありましたらお伝えください。

  • オイルを選んでいただきます。通常は3種類の香りを用意していますので、お好みのオイルを選んでください。

  • お客さまのお好みで、入浴またはシャワーをどうぞ。ペーパーショーツが必要な場合はお申し付けください。

  • セラピストは着替えて、手を洗わせていただきます。汗をかいた場合はシャワーをお借りすることがあります。

  • うつ伏せの状態でタオルをかけて施術をスタートします。カ.ナ.タ.の施術はうつ伏せの時間が長めです。うつ伏せの姿勢に疲れたらいつでも声をかけてください。

  • 最初に、背中、腰、臀部、足の順で軽く圧をかけていきます。これからマッサージが始まりますよ、とお客さまの体にお知らせしています。

  • 足の裏からマッサージを始めます。ふくらはぎ、太ももの裏側、太もものストレッチを行って、逆側の足も同様に進めます。

  • 臀部のマッサージと指圧を行います。続けて腰のマッサージを行います。

  • ​腰から背中へと続いていきます。

  • オイルマッサージは背中からです。

  • 腰回りはショートストロークで力強く、そこから肩甲骨回りまでロングストロークで圧をかけます。

  • 肩甲骨回り、腕の付け根の裏側は疲れが溜まりやすいので、手の腹なども使いながら重点的にケアします。

  • 背骨に沿って首下まで指腹で強めの圧をかけます。

  • 臀部の上部も疲れが溜まりやすいので、手の腹などを使ってケアします。

  • オイルを追加します。

  • 手を広げて広い面積で背中全体をケアします。

  • その圧をだんだん弱めて、ソフトタッチにしていきます。

  • ​首の下などと当時に、腰回りへのソフトタッチも行います。

  • ​背中にタオルをかけます。

  • 脚のマッサージに移ります。画像では両脚が出ていますが、実際は片側ずつタオルを外します。

  • 軽く足裏にオイルを塗り、かかと側から足先へとマッサージします。足裏の中央部、内側、外側で繰り返します。

  • くるぶし下のツボを刺激した後、脚全体にオイルを塗り、かかと側から臀部までのロングストロークを行います。

  • ふくらはぎのマッサージはショートストロークで。両側からの圧と上面からの圧を使い分けています。

  • 膝裏を軽めに刺激します。

  • 太ももの裏側は中央部、側面側、内側に、ひざ上から臀部にかけてのストロークです。

  • ​これまで縦方向のケアでしたが、筋肉と直行方向のケアも少し行います。

  • オイルを追加します。

  • 足裏を手で温めながら、ふくらはぎをマッサージします。

  • 膝裏と膝側面にソフトタッチしていきます。

  • 両手で太もも裏を包み込むようにソフトタッチします。

  • 足の付け根にソフトタッチしていきます。

  • ​膝を外側に開いていただき、リンパのマッサージも行います。

  • 片側の脚が終わったら逆側です。足裏マッサージから同じことを繰り返します。

  • 両脚が終わったら、脚を開いていただき、左右同時に足の付け根のマッサージなどを行います。

  • 仰向けになっていただきます。

  • 目隠しのタオルを用意します。お好みでなければ外していただいて構いません。体にタオルをおかけします。

  • ​手のひら、指、下腕、上腕、肩のマッサージを左右で行います。

  • 足の甲のマッサージを行います。下肢は外側の筋肉を中心に、指圧で足先側から伸ばしていきます。

  • 太ももは内外から擦り上げるようにマッサージします。外側の靭帯は人により痛みを感じやすいので、さするようにマッサージします。

  • 片側の足を外側に開いていただき、大内転筋のケアを行います。前側から後ろ側へ圧をかけます。

  • オイルを追加し、太ももの内側をソフトタッチしていきます。同時に足の指の間を刺激します。

  • 陰部に近づきます。

  • 片側の脚が終わったら、逆側の足の甲から同様にマッサージします。

  • お腹のマッサージ、肩回りのマッサージを行います。

  • 腰下に手を入れ、腰のマッサージも行います。

  • オイルを追加し、バスト回りを刺激します。

  • 同時に、鼠蹊部や下腹部へのソフトタッチも行います。

  • 片側の乳首を刺激します。体調などの関係で乳首の刺激を避けたい場合は意思表示してください。

  • ​同時に陰部、クリトリスへの刺激を行います。

  • 入り口を刺激していきます。

  • ご希望がある場合は指を入れます。

  • 緊張した筋肉をほぐしていきます。

  • 両肩、腕、腰回り、太ももなどを軽くマッサージします。

  • 最後に足の緊張をとるマッサージを行います。

  • ​体にタオルをおかけします。お疲れ様でした。

最後の方はアバウトな書き方しかできませんでしたが、施術の概要は伝わったでしょうか? 

この流れの欠点は、肩や首のケアがおろそかになってしまうこと。ご希望があれば終了後、頭と足を逆にしてもらい、首回りのマッサージを行います。

では、マッサージさせていただける日をお待ちしています。初めての方はホテル代のみでカ.ナ.タ.のマッサージを体験できますよ!